元格闘家先生のスポーツ障害・外傷の治療

HOME > スポーツ障害・外傷の治療 > 徒手整復について

徒手整復について

当ひかり接骨院では治療をするにあたり、「徒手整復」を多用します。

「徒手整復」とは何かというと、骨折や脱臼をして折れた骨の断端や外れた関節を引っ張って元に戻すことをいいます。接骨院とは元々このような骨折や脱臼に対して「徒手整復」を施し、治す医療機関です。そしてこの業に従事する国家資格者を「柔道整復師」といいます。

ところで皆様は捻挫をしたことがおありでしょうか?

ほとんどの方々は「捻挫はきちんと治らない」「捻挫はクセになる」との認識を強くお持ちのようです。

捻挫というものを簡単に説明してみましょう。
まず捻挫とは関節で起こった挫傷です。関節は骨と骨がそれぞれの関節面で向き合い、滑り動くように出来ています。そして骨と骨をつなぎ留め、動きに制限を加えているものが靭帯や関節包などの軟部組織です。
捻挫を起こす原因は大きく分けて二つあります。


まずは、関節に対してその動きの範囲(可動域)を超える力が急激に加わった場合です。このときに靭帯やその他の軟部組織が力に抗しきれず損傷を受けるのです。これがいわゆる捻挫です。
もう一つは、可動域を超える急激な力は加わらないものの、特定の部位に特定の力が長時間・長期間加わり続けることによって次第に、靭帯やその他の軟部組織を傷めつけるものです。これを「反復性の捻挫」または「習慣性の捻挫」といいます。このタイプの捻挫は、クセのある日常生活動作の日々の繰り返しによって起こるので、患者さん自身は「捻挫をした」という自覚が全くありません。

何故ここで捻挫の話をしたのかというと、当ひかり接骨院では捻挫に対しても「徒手整復」を必ず施すからです。何故必ず徒手整復を施すのかというと、捻挫をすると必ず関節がズレるからです。
「いわゆる捻挫」であれ「反復性の捻挫」であれ、捻挫とは関節を支える靭帯やその他の軟部組織を損傷するものなので、脱臼や亜脱臼ほどではありませんが、触ればすぐに分かる位のズレが生じます。場合によってはちょっと見てすぐに分かる時もあります。

捻挫とは関節で起こる捻挫という説明をいたしましたが、ということは全身に存在する「全ての関節で起こり得る」ということです。
ほとんどの方は「捻挫=足首」という思い込みと決めつけに囚われておりますが、実際には足首だけでなく、手首・指・肘・肩・膝・股関節、または頚・腰・脊椎・顎等々どの関節でも起こります。そして、どの部位で起きた捻挫でも、触ればすぐに分かる程度の関節のズレを起こしているのです。

これらの関節のズレを放置して症状を落ち着かせてしまったとします。

どうなるでしょうか??

関節がズレたまま固まるのです。関節を構成する二つの骨の関節面がぴったりとかみ合わずに固まるのです。そしてズレたままの関節を靭帯やその他の軟部組織が不自然な状態のまま支えるのですが、この過程でこれらの組織は癒着を起こしたり萎縮をしたりして、深部に頑固な硬結(コリ)を作り、不快な痛みや違和感の原因となります。そしてこれらの痛みや違和感を意識的にまたは無意識的にかばいながら日常生活動作を繰り返すことで、他の部位が疲労し痛みを出現させます。これが慢性疾患と呼ばれる症例に移行していきます。

すなわち、捻挫を徒手整復せずに放置すると様々な部位の慢性疾患に移行するのです。

当院に訪れる患者さんも、頚や肩のコリや腰の痛みを訴える方が大勢いらっしゃいます。そしてそのような方の多くは問診をしても、「何もしてない!」「何も知らない!」の一点張りであることがほとんどですが、細かく診ていくとやはりそれ以外の部位に、捻挫による関節のズレを発見することが出来ます。それを基に再度問診を試みると、今度は「そういえばこんなことがあった・・・」とようやく原因となる出来事などを話してくれます。

ところで何故、多くの人は「捻挫はクセになる」と思い込んでいるのでしょうか?

理由の1つは、ほとんどの病院や治療院が「徒手整復は必要ない」と決めつけているからです。また捻挫に伴う関節のズレを認めない医師や治療家が圧倒的大多数だからです。

捻挫を治すためには、まず徒手整復によって関節を正しい位置に戻します。

そして一定の期間、包帯やテーピング等で固定をし、損傷した組織の修復を図ります。
その後、損傷した組織の修復の程度に応じて少しずつ運動療法を入れていきます。この運動療法もただやみくもにやれば良いというわけではありません。


その人の日常生活におけるクセのある偏った動きを修正し、ニュートラルな関節の動きを取り戻す目的で行うのです。
せっかく徒手整復で関節の位置を整えたとしても、クセのある偏った動きがそのままでは、また関節がズレてしまうのです。
お分かりのようにこれが、「捻挫はクセになる」ことの2つ目の理由です。

捻挫を治療するにあたり病院では、電療の機械を当てて湿布を貼るだけです。また接骨院や整骨院でも徒手整復を施す所はほとんどありません。病院と違う点はマッサージを施すくらいで、あとは湿布を貼る程度です。包帯をきちんと巻ける施術者も本当に少なくなってしまいました。

はっきりと申し上げますが、このような人達に「捻挫はクセになる」などとは口が裂けても言って欲しくありませんし、患者さん達も、治せない医師たちを有り難がるのはもうそろそろ止めにした方が良いと思います。

ご予約はこちら

交通事故治療はこちら

元格闘家先生のスポーツ障害・外傷の治療はこちら

アクセスマップ

ひかり接骨院
JR亀有駅徒歩5分
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-33-15
TEL:03-6231-2438
FAX:03-6231-2438

自費診療メニュー

当院紹介

ひかり接骨院ブログ

ヒーリングサロン オブシディアン