当院の治療とは

HOME > 当院の治療とは?

原因を探り出し、
ケガや痛みを根本的に治療します。

原因を探り出し、ケガや痛みを根本的に治療します。 身体の痛みや不調には必ず原因があります。その痛みや不調がたとえ慢性疾患と呼ばれる症例であっても、捻挫や挫傷が原因となっている場合が非常に多いのです。 肩コリも膝の痛みも、肩関節や膝関節の捻挫や挫傷によって引き起こされた症状の一つに過ぎません。ですからこれらを改善させるには、それぞれの捻挫や挫傷をきちんと治すことが必要です。

たとえば… 肩こりの場合

肩こりの場合 無意識の内にかばっている?

日常生活の中で不用意に何かを取ろうとした時や、朝起床する際に手をついて体を起こそうとした時に、肩の関節を捻挫もしくは肩の周囲の筋肉の挫傷を起こすことがあります。 これらは強い痛みが出ていなければ、患者さんはほとんど気にせず日常生活を送りますが、関節や筋肉の機能は低下しているため、無意識のうちにこれをかばう動作や姿勢をとり、肩こりという症状が引き起こされることがあります。

たとえば… 膝の痛みの場合

膝の痛みの場合 最初は膝の関節を捻っただけ?

高齢者の方に多いのが慢性の膝の痛みです。変形性膝関節症という名前はよく聞くと思います。これらは「老化だから仕方がない」と片付けられがちですが実はそうではないのです。しゃがんだ状態から不用意に立ち上がろうとして膝の関節を捻ってしまうこと等で、半月板を傷めてしまっている症例が非常に多いです。しかし多くの人たちにこれらの意識がないため、我慢→放置→慢性化という順序を辿ります。

患者さん本人すら気づいていない原因…
それを一緒に掘り起こして改善しましょう!

症状を無くす、もしくは軽減するためにはその原因をきちんと見極めなければなりません。
例えば肩こりであろうが、手足のしびれであろうが、それらは単なる症状に過ぎないのです。
その裏側には頭部や肩関節、またその他の部位の捻挫や挫傷等が存在することが
非常に多いのです。

これらはほとんどの場合、患者さん本人ですら気づいていないのですが、それらをきちんと見つけ出し、きちんとした施術を行うことで改善へと向かいます。このようなことは当たり前のことなのですが、多くの医療機関では残念ながらなされておりません。ぜひ当院にご相談下さい。

当院の治療は、
どこの誰にも真似のできない独自の施術です。

それは、治療+診察の基準となるものが全く違うからです。簡単に説明しますと、一般では気をつけが正しい姿勢であるとして、子供の頃から学校教育で刷り込まれ、日常生活動作も気をつけが正しい姿勢・良い姿勢であるとの前提でなされております。ところが気をつけの姿勢は、実のところ身体だけではなく心の面にも悪影響を与える諸悪の根源のような姿勢なのです。 当院の治療は日本古来の「軸」や「丹田(たんでん)」といった身体の意識を高めることで、飛躍的に効果を上げています。

「立ち方・歩き方を変えると人生が変わる!」

  • 西洋の人物画
  • 浮世絵の人物画

本当に理にかなってるのはどちらでしょうか?

西洋の人物画=『気をつけ』の姿勢

浮世絵=幼い子供の立ち方

  • 西洋の人物画西洋の人物画 イラスト
  • 浮世絵浮世絵の人物画 イラスト

理にかなった立ち方=赤ん坊の立ち方

赤ん坊が立ち上がる際には、筋力よりも『軸』や『丹田』に身をゆだねている

赤ん坊の立ち方を取り戻すためには何が必要か?

ご予約はこちら

交通事故治療はこちら

元格闘家先生のスポーツ障害・外傷の治療はこちら

アクセスマップ

ひかり接骨院
JR亀有駅徒歩5分
〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-33-15
TEL:03-6231-2438
FAX:03-6231-2438

自費診療メニュー

当院紹介

ひかり接骨院ブログ

ヒーリングサロン オブシディアン